手付金を保証してくれる制度

a0002_006861
契約書の内容にもよりますが、手付金は不動産代金を支払い終われば不動産購入者に戻すことを前提にしたお金です。
しかしその手付金がなにかのトラブルで戻ってこないこともありえますよね。
手付金は一般的に10%から20%ほどであったり100万円が多いと言われています。消して安くはない金額なので手付金が戻ってこないというのは大損です。
手付金が戻ってこないケースとしては不動産業者が倒産したというものが最も多いような気がします。
不動産購入の契約をして手付金を支払ったあと不動産業者が倒産してしまった場合、不動産も手に入らないうえに手付金も返還されません。
実は「手付金が返還されない」という事態を防いでくれる制度があります。
それが「一般保証制度」です。
一般保証制度を利用しておくと不動産業者が倒産した場合でも、この制度を作った「不動産保証協会」が代わりに手付金を保証してくれます。
一般保証制度を利用するのは無料で、不動産保証協会に入会している不動産業者であればどこでも利用可能です。